ジェネリック医薬品が多い | もはや社会問題の一つ!?EDをしっかり改善して、自信を戻そう!
menu

ジェネリック医薬品が多い

白い錠剤とコップ

今回ピックアップしているED治療薬はジェネリック医薬品として、販売されていることが多くなっています。
最近はこのジェネリック医薬品を巷でもよく聞くと思います。では、このジェネリック医薬品とは一体何なのかといいますと、元々海外の制約会社が完成していた医薬品を日本のメーカーが日本人が服用しやすくするために改良し、見た目や名前を変えたものをいいます。それでも中身の成分は一緒なので効果はあります。そんな中で普通に考えればある疑問が生まれます。「どうして、日本の製薬会社で開発、販売を行なわないのか。」という疑問です。そのようにしないのはちゃんと理由があるからです。医薬品というのは患者さんが安全に口の中に入れることができるまでに途方もない時間やコストがかかります。まずは医薬品を開発するために専用の道具、機械を高額で用意しないといけません。そして、それを扱うことができる人材も必要です。人件費もかなりかかってしまいます。また、材料なども海外などから輸入させて買う必要があります。これを数年ではなく、10年前後は継続しないといけません。このような余裕は今の日本のメーカーにはありません。仮に完成しても高額で販売せざるをえません。
こんなことでは利益を増やすことができません。それなら、最初から海外の医薬品をちょっと改良して、販売した方がずっといいのです。
これは国が題材的に推奨しており、今後もたくさんのジェネリック医薬品が増えていくことでしょう。